夫と妻でもダイエット方法は違う

3ヶ月くらい前から、夫が突然ダイエットを本格的に始めました。
「ネットであれこれ注文しているな〜」と思っていた翌日から、ダンベルや腹筋ローラー、ヨガマット、プロテインの粉などが次々と我が家に宅配便で届きました。
そして1階の和室があっという間に「夫の筋トレ部屋」に様変わりしてしまったのです。

 

「こんなに沢山のダイエット・筋トレグッズを一気に買うなんて・・!」と私は少し呆れていたのですが、すぐに飽きて投げ出すだろうとしばらく様子を見ることにしました。

 

そもそも私たち夫婦は、結婚してから夫だけ体重が10キロも増加してしまい、若かったころの細身でカッコイイ夫は詐欺レベルで別人になってしまいました。
私はというと、妊娠中に最大15キロ体重が増加しましたが、出産後、育児に追われているうちにいつの間にか元の体重に戻っていました。
2度の妊娠・出産を経験しましたが、いずれもきちんと妊娠前の体重には戻りました。
特にダイエットを意識した生活はしていなかったけれど、日々の育児に忙しくて自分の食事をゆっくり摂れなかったり、母乳をよくあげていたので、気付いたら痩せていたのだと思います。

 

しかし、そんな事を言っていられるのも20代まで。
30代を過ぎてからガクッと代謝が落ちているのを実感し始めました。
なぜか体重は増えていないのに、お腹のぷよぷよが存在を主張しはじめたのです。
スカートやジーパンのウエストがきつくなってきたので「これは・・いよいよヤバいかも!」と、同じような悩みを持つママ友同士で意気投合し、とあるサークルに入りました。
それは、ラテンの音楽にのって楽しくダンス、フィットネスをしながら痩せられる「ZUMBA」という有酸素運動のサークルでした。
体験に参加したその日にハマってしまい、みんなで即入会。
何より、キツイ運動をしなくても、楽しみながらダイエットできるというのが魅力だったのと、先生が美人で目の保養になるし、サークルに入っている人たちも「綺麗なママ」ばっかりでモチベーションが上がるという事がとても重要でした。
「ZUMBA」を始めてから1年以上が経過しましたが、体力もついて疲れにくくなったし、今の体重をキープできているのは、このサークルに入ったおかげだと実感しています。

 

話は夫の筋トレに戻りますが、毎晩、仕事で深夜帰宅なのにも関わらず、ストイックに頑張って筋トレを3ヶ月続けた結果、体重が8キロ減っていました!
私は毎晩、子供たちと先に眠ってしまって、夫がどんなキツイ筋トレメニューをこなしているのかは見届けていないのですが、日に日に無駄な贅肉が減っていくのを目の当たりにして「意志が強くて偉いな〜」と感心していました。
夫も私も、それぞれ自分に合ったダイエット法に出会えたので、これから先も健康維持のために続けていきたいと思います。